ピアノ買取り情報

買取りしてもらえないピアノがある?

ピアノって小さい頃から習っている人や、
親の代のものを受け継いだピアノも多いですよね。

そうなると、自分が大人になってからいざ手放そうと思ったときには、
かなりの年数が経過していたり・・・・。

さらには子供やペットがいると、
どうしても傷がついてしまっていたりしますよね。



私の実家にあるピアノも、
爪で擦ったような傷や何かの物の角を当ててしまったような跡があります。

処分するだけならどんなに汚れていても
傷がついていても構うことはありませんが、
売却するとなるとこの辺はかなり気になりますよね。


・・・・ということで、
買取りが出来ないピアノはどんな物なのかを私も調べてみました。


●年式

まず、ピアノ買取りの公式ホームページに記載されていた内容としては、
ピアノが何年も年数を経過していることは当然のこととして書かれていたので、
気にすることはないと思います。


だいたいですが、製造されてから30年ほどまでの経過なら
ほとんどの場合買取り価格が出るそうです。

それ以上古いピアノだと、
買取りの対象外になってしまうケースも多いんだそうですよ。


でも買取りの基準がどの程度かっていうのは、
その買取り業者ごとで若干変わってくるので、
この辺はあたってみる価値ありですね。


自分で1件1件の買取り業者に、
買取り可能かどうかを尋ねるのはかなり手間がかかりますが、
多くの買取り業者に一括見積もりできるようなところなら、
簡単なのでおすすめですよ。


また、買取りができなくても引き取りには応じてくれる業者もあるそうなので、
自分では処分に困る場合、この辺も訪ねてみるといいですね。


●傷、故障

日常生活でついてしまうような傷であれば、
気にする必要はないそうです。


鍵盤の上がりが遅かったり、上がらない程度の故障についても
それほど査定には影響ないと書かれていました。


その他、外装の塗装がはげていたり、
かなり大きな傷があるような場合には、査定額への影響も大きいです。


また、外装面だけでなく内部の損傷についても
査定額が下がる可能性が大きいです。

まずは正直に申し出ることが大前提ですが、
業者によってマイナス面の査定額への影響には多少違いがありますから、
何社かに見積もってもらうことをおすすめします。




私のおすすめです。
無料で見積もりができますよ☆
>>【ズバットピアノ買取比較】ピアノ買取の一括無料査定サービス<<






<<前の記事「買取りしてもらえるピアノの種類」へ
                      >>次の記事「ピアノのメンテナンスを大公開!」へ


●関連記事
ピアノを処分するときの費用・相場って?
ピアノを売って、電子ピアノにしたい!
引越しのためにピアノを移動させたい! 費用(料金)は?!









>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る