ピアノにまつわる基本知識

ピアノの構造・名称

ピアノの構造としては、主に使われているのは木材ですが、
それだけではなくフエルトや金属、合成樹脂、塗料なども使われ、
その部品数もとても多いです。


グランドピアノ1台では約10000個
アップライトピアノ1台で約8000個にもなります。


この木材やフエルトが、温度や湿度に影響を受けやすいため、
正しい管理やメンテナンスが必要なんですね。




また、ピアノって指で鍵盤を押すことで音が出ますが、
どんな仕組みで音が出ていると思いますか?

簡単に説明すると・・・
●指で鍵盤を押す→アクション→ハンマーに力がかかる→弦を打つ→音が出る


こんな感じです。

ですが、ハンマーが弦を打っただけの音では、小さい音しか出ません。

この弦の振動が、「響板」伝わることで、
空気が振動してピアノの豊かな音色へと変わります。

要するに、「響板」はピアノの音のスピーカーのようなものですね。


このピアノの音が出る仕組みは、グランドピアノもアップライトピアノも同じです。
違うのは、弦の張られ方が縦か横かです。




さらに、ピアノは音の強弱を出すのが得意な楽器ですが、
一番大きな音を出すと100デシベル以上にもなるそうです。

100デシベルとは、電車が近くを通過したときと同じ音量です。


犬が近くで吠えたときの音が90デシベルなので、
犬の鳴き声よりもでかい音なんですよw


★グランドピアノの構造

ピアノメーカーごとで呼び方などが少し変わったりしますが、
参考までにヤマハのグランドピアノについて説明します。


名称などは、買取り査定時などにお役立てくださいね☆














★アップライトピアノの構造

アップライトの名称も、メーカーにより呼び方がちがう場合があります。

例えば、画像のトーンエスケープはヤマハの名称。
カワイではトーンスプレッダーと言います。












<<前の記事「ピアノの歴史」へ
                       >>次の記事「ピアノの鍵盤がなぜ88鍵なのか?」へ


●関連記事
ピアノの鍵盤がなぜ88鍵なのか?
ピアノを弾くことで得られる効果
ピアノが上達する正しい姿勢






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る