ピアノにまつわる基本知識

ピアノを弾くことで得られる効果

ピアノを弾くということは、さまざまな効果が得られます。


たとえば脳。


ピアノは指で弾いているのに、
なんで脳が関係してくるのか?ちょっと疑問ですよね。


子供の頃の習い事としてピアノがいいというのは、
脳科学者の中でもよく言われていることなんだそうです。

テレビでもこの話題は取り上げられたりもしていますよ。


なんで指を駆使するピアノが、脳にいい?

指をあちこちに動かすピアノ。

ピアノを弾くことによる指からくる刺激は、
左手は右脳へ・・・・右手は左脳へ影響します。


幼児期は、右脳の発達が中心となるわけですが、ilm19_cb02012-s.jpg
右脳というのは人の感情を司る場所ですよね。


だいたいの人が利き手の右手はよく使うけど、
左手ってなかなか使わないですよね。

子供の頃から、ピアノで右脳への良い影響を与える
ってことなんですね。


ピアノを弾くときって、ただ指を動かしているわけではなく、
実は頭の中はフル回転なんです。


目では楽譜の音符を常に先読みしながら弾き、
右手も左手もそれぞれ違う動きをし続け、
耳で自分の弾いている音を聴きながら、記憶演奏する・・・


しかも、演奏は止まらないのでこれだけの動作を、
演奏中は一瞬のうちにこなしているんですよ(*´∀`*)


こう考えると、ピアノ弾ける人ってすっごい頭いいんじゃ?!
って思えてきますよね。(/ω')


この頭のフル回転により、左右の脳の活性化して、
バランスよく発達するそうなんですよ。




脳科学者も推奨。ピアノが子供に与える好影響!

それだけではありません。


★楽譜を常に先読みすることによる「先見性」。
これは普通に生活していたらなかなかつかない物です。


私もピアノを弾いているときは、
別にこの先見性を意識しながら弾いているわけじゃなくて、
無意識なんですけどね。




★曲を理解して「想像力」が豊かになり、「記憶力」も向上する。
私もピアノを習っていたとき、「この曲はどんな曲だと思う?」とか、
「このパートはどんなイメージで弾いた方がいいと思う?」
なんて聞かれてた記憶があります。


また、何回も反復練習していると、だんだんと楽譜がいらなくなります。

●余談:私は記憶力がいいんですが、この記憶力はピアノを小さい頃から
弾いていたからかな?と今書いていて思いました。笑

自分で言うのもなんですが、"記憶力がいい"ってレベルではなく、
例えば、期末テストなどで英語の教科書の10ページ分の本文から問題が出ますよね?
あれ、私はそのテスト範囲の10ページ分の英語本文を、全部暗記して話せるし書けるし・・・・
くらいの記憶力でした。笑

この半端ない記憶力はピアノをやっていたからなんですかね?笑


どんなに難しい曲でも、見ないで弾けるようになるのは
完全に記憶力が上がったからですね。


さらに、曲のイメージを自分で広げることにより、
強弱をつけて曲の表情を豊かにしたりすることで、感情も豊かになります。

また、ピアノを弾いたりすることで心が落ち着いたり、
忍耐力がついて精神が安定します。




★聴力が発達する。
さまざまな曲を聴いていくことで、聴力も発達します。ilm10_dl01003-s.jpg

また、ピアノを弾く上でリズムをとりながら演奏するので、
リズム感も備わってきます。




ざっとこんなかんじです。


ピアノは、指先だけのトレーニングではないんですよ!(o・・o)/

これだけの素晴らしい効果があります。


私もピアノの習い事はもうとっくの昔に若い頃にやめてしまいましたが、
これだけのことをそのとき知っていればやめなかったかも知れませんw


ぜひ、お子さんにも小さい頃からピアノを習わせてあげてください!




<<前の記事「ピアノの鍵盤がなぜ88鍵なのか?」へ
                      >>次の記事「ピアノが上達する正しい姿勢」へ




●関連記事
子供がピアノ嫌いにならないために、親が出来ること!
私の経験から話す、子供のピアノレッスンの注意点
大人がピアノを習い始めるのは遅い?大人のピアノ教室の選び方






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る