ピアノにまつわる基本知識

大人でも子供でも、ピアノを習うなら音楽教室?個人宅?メリット&デメリット

ピアノのレッスンを受ける場合、
音楽メーカーや楽器店などの教室に通う場合と、
個人でやっている先生宅に通う場合、
そして自宅に来てレッスンしてくれるパターンがあります。


私はこれを全部、経験しています(*´∀`*)


まず、子供の場合や大人の場合を抜きにして、
おおまかにグループレッスンと個人レッスンのメリットとデメリットを紹介します。


★グループレッスンのメリット&デメリット

メリット・・・・・レッスン料は個人レッスンよりも低価格
           友達などと一緒にレッスン出来るので、みんなで楽しく演奏したい人向け。


デメリット・・・・使うのは電子ピアノだったりするし、
           自宅練習がしっかりとできていないとすぐについていけなくなる可能性がある。

           弱点を克服できないまま周りのペースで進むこともあるため、上達が遅い


★個人レッスンのメリット&デメリット

メリット・・・・・たいてい、グランドピアノでのレッスンをしているところが多い。
           1人1人の弱点を克服しながら、自分のペースで進行出来る。

           他の生徒がいないので、気が散らない。


デメリット・・・・・レッスン料はやや高い。
            先生との1対1になるので、それが苦手な人だと緊張してしまう。




私が経験したパターンは・・・・
●楽器店に所属している先生に習う(教室所属の先生)
●先生の個人宅でレッスンしてもらう(個人の先生)
●自宅に来てレッスンしてもらう(個人の先生)

です。


私が感じたことをお話していきます。


私の経験から思う、メリットとデメリット

●楽器店に所属している先生のもとでレッスンする場合は、
ほとんどの場合は他の曜日・他の時間帯に
レッスンを希望している場合でも、不可能です。


たとえば、ピアノのレッスンは毎週火曜日で、
それ以外の曜日はヴァイオリンやドラムなどの他の楽器・・・・・

本当は夜8時からのレッスンがいいのに、最終レッスン時間は6時から・・・・・
なんてことがあります。


また、風邪などで休んでも振り替えでsgdd0204c-s.jpg
レッスンをしてもらうことができません。

休んだ日の分を他の日に振り替えてくれる教室もありますが、
大手の場合ほとんど無理です。

その辺は自分の都合に合わせにくいかも知れません。


ですが、例えば先生がちょっと自分と合わなくても、
教室に所属している先生の中から変更してもらったりすることが可能です。

なので、いい先生とめぐりあえるチャンスは、
こういったメーカーなどの教室でのレッスンのほうがいいかもしれませんね。




●先生の個人宅でレッスンしてもらう場合は、
その先生のアパートだったり一軒家だったり、
自分がレッスンの時間におじゃますることになります。


教室に所属している先生ではないので、比較的時間の融通もつきやすいです。




●自宅に来てレッスンしてもらう場合は、その先生と自分との契約になるので、
これもすごく融通がききました。

逆に、先生が交通の状況によってはちょっと遅刻してくることとかもありましたが、
自分の家でレッスンしてもらうので、一番気を使わなくてよかったです!


ただ、私の親はお茶を出したりお茶受けを出したりと気を使ってましたがw


レッスンが立て込んでないときは、レッスンが終わったあとに
その先生と次やる曲で盛り上がったり、
プライベートトークとかをして楽しかったです。

全ての先生が同じわけではないですが(;´Д`A


私は人見知りだったので、
この自宅に来てレッスンしてもらうのが一番気持ちが楽でした。




●子供をピアノに習わせる場合、教室?個人?

子供をピアノのレッスンに通わせる場合、私は注意が必要だと思います。


まず、教室レッスンのところにも書きましたが、
他の友達がいて気が散って遊んでしまうお子さんは、
グループレッスンには向いていないと思います。(;´Д`A


音楽の楽しさを教えてあげたいっていう目的だったらいいと思いますが、
上達を目指す場合はやっぱり個人レッスンかなぁと☆


この辺について詳しくは「私の経験から話す、子供のピアノレッスンの注意点」のページへ☆




<<前の記事「ピアノが上達する正しい姿勢」へ
            >>次の記事「子供がピアノ嫌いにならないために、親が出来ること!」へ


●関連記事
ピアノを弾くことで得られる効果
私の経験から話す、子供のピアノレッスンの注意点
大人がピアノを習い始めるのは遅い?大人のピアノ教室の選び方





>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る