ピアノにまつわる基本知識

ピアノの鍵盤がなぜ88鍵なのか?

このページでも書いていますが、ピアノが発明された頃は、
ピアノの鍵盤は54鍵しかありませんでした。


それからだんだんと鍵盤の数が増え、
今では鍵盤の数は7と1/4オクターヴの88鍵になっています。


ピアノが出来てから次第に数が増え続けたのに、
逆になぜ現在の88鍵で止まってしまっているのかも気になりますよね。


私はピアノを習っていましたが、これについては知りませんでした(;´Д`A
というかピアノを習っている人で
知っている人なんてほとんどいないんじゃ・・・?


人間の耳が音楽の音として認識できない?!

ということで気になり、いろいろ調べてみたところ、
まず人間の耳が聞き取れるのは、約20ヘルツから20,000ヘルツの間と言われています。


でも、その音を音程として聞き取れる限界は、4000ヘルツなんだそうです。


ということで、もしこれ以上鍵盤を増やしたとしても、
ノイズなどに聞こえてしまい、音楽の音として聞き取れないそうなんです。


結果、増やしても意味がない(;´Д`A
ってことでこの現在の88鍵盤でとどまっているそうですよ☆




こういうこと↓
        






なるほどぉ・・・・・ヽ(*´з`*)ノ


世界の他の外国メーカーでは、88鍵でおさまらないで
97鍵ピアノを作っているところもあるみたいです。


でも、この最低音部の9鍵が演奏されることはほとんどないんだとか。(;´Д`A
意味あるのかしらw


意味はあるそうですよ!


ヤマハさんの公式ホームページには、
「他の弦を弾いたときに共鳴して豊かな響きを与えるため」と書かれていました(*´∀`*)




<<前の記事「ピアノの構造・名称」へ
                     >>次の記事「ピアノを弾くことで得られる効果」へ


●関連記事
ピアノの歴史
ピアノが上達する正しい姿勢
大人でも子供でも、ピアノを習うなら音楽教室?個人宅?メリット&デメリット






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る