ピアノにまつわる基本知識

【番外編】私の友人のピアノの想い出

このページでは、私の友人たちに「ピアノの想い出」を書いてもらうことにします。


・ピアノを子供の頃に習っていた。
・今でもたまにピアノを弾く。
・子供ができてピアノを習わせてみた。


という友人が私の周りにはけっこういて、そんな友人たちの話を紹介していこうと思います。
読んで楽しんでもらえたら嬉しいです♪


もくじ


エピソード1:母のために。
エピソード2:夢は娘との連弾。
エピソード3:アンサンブルの楽しみ。
エピソード4:ブラウンのピアノ。


エピソード1:母のために。


私がピアノをはじめたのは3歳のときでした。
もちろん、自分の意思ではなく両親が「娘に音楽をやらせたい」をいう願望があってのことでした。


そのため、いつから自宅にピアノがあったのかも記憶にありませんし、
初めて弾いたのが何の曲だったかも記憶にありません。
物心ついた頃には、既に自宅にアップライトピアノが置いてありました。


そんな私の一番古いピアノとの思い出は、音楽教室でのグループレッスンの風景です。


同い年くらいの幼稚園児たちが電子ピアノの前にずらりと座り、みんなで演奏をしています。
後ろでは、お母さんたちが世間話をしながら子どもたちを見守っています。


ちょうど私が間違えて止まってしまったタイミングで、
後ろに座っていたお母さんたちが笑い出しました。


世間話で盛り上がって笑ったのでしょうが、まだ幼かった私は
「自分が間違えたのを笑われた」と感じ、涙が止まらなくなってしまいます。


なぜ泣き出したか分からず困った先生は、私を早退させてくれました。
母が「なぜ泣いているの?」と聞いても、母たちが自分を笑った
と思っている私は口を開かず、ただ黙々と涙を流し続けていました。


時は経ち、小学校6年生になった私は、そこまで熱心に練習をするわけでは
ありませんでしたが、ずっとピアノを続けていました。


「私がピアノを弾くと、お母さんが喜ぶから。」


なぜだか分かりませんが、その頃は子ども心にそう感じていました。


小学校では音楽委員になり、音楽朝会では合唱の伴奏をしたりと、
周囲には「ピアノが弾ける子」という認識をされていました。


その後中学生になった私は、毎年開催される合唱コンクールでは、すっかりピアノ担当になっていました。


人見知りで友達が多いわけでもなく、自分から話しかけることもできなかった私ですが、
この合唱コンクールの時期だけは、クラスメイトと仲の良い友達のようにわいわい楽しんでいたのを覚えています。


「合唱の練習をしたいんだけど、伴奏お願いしてもいい?」と
声を掛けてもらえるのが嬉しくて、この時期だけは、一生懸命ピアノの練習をしていました。


私が練習をはじめると、さりげなくテレビを消していた母の姿が思い出されます。


そんなピアノも、高校に進学するのを機にやめることになりました。
高校が進学校であった上に、練習のハードな部活に入ろうとしていたことで、
ピアノを続ける余裕がなくなることが予想されていたからです。


「どうする?無理をしなくてもいいんだよ。」
母の言葉に、心が締め付けられました。


中学3年生の2月。


私にとって、お稽古先の最後のピアノの発表会が開催されました。
私は、この会ではじめて先生に弾きたい曲の希望を伝えました。


その曲は、母が好きだった「渚のアデリーヌ」です。


その当時の私の技量では、もっと難しい曲を演奏することも可能でした。
ですが、私は最後の発表会で、ここまでピアノを続けさせてくれた
母のために、母の好きな曲を演奏したかったのです。


ピアノを辞めてからもう何年が経つのか、既に両手で足りない程の年数が経ってしまいました。
私が実家を出た今でもまだ、帰省すると埃をかぶったピアノが迎えてくれます。


このピアノを捨てられないのは、きっと両親にも、私にも、
多すぎる思い出が詰まっているからなのだと思います。


将来、もし自分に子どもができたときに、ピアノを習わせるかはわかりません。


ですが、少なくとも私にとって、ピアノは両親との大切な思い出のひとつです。
今度実家に帰省したときには、久しぶりになまった指を動かしてみようかな。



エピソード2:夢は娘との連弾。


私がピアノを習い始めたのは、幼稚園の年長さん、5歳のときでした。
きっかけは、同じクラスのお友だちのお母さんがピアノの先生で、その子も弾き始めていたこと。


今ではあまり覚えていませんが、手の形やドレミを習い、バイエルから入っていったのだと思います。
ツェルニー30番、40番、ハノンなどの練習曲に加え、有名で聞き覚えのある曲、
例えば、メヌエットやトルコ行進曲など・・・いろいろな曲を弾きこんでいきました。


ときには、練習することが面倒だったり、なかなか上手く弾けない曲があったりすると、投げ出したくもなりました。
でも、毎日かかさず練習を続け、小学校高学年になった私は、いつしか「音大へ行きたい」と漠然と思うように。


親もそれならば、と東京芸大出身の先生に習いに行かせてくれました。


が、行ってみると、周りの生徒たちのレベルの高さに驚愕。
小学6年生の私と、1年生の子が、同じ曲を練習しているような場でした。


「挫折」というのを味わったのは、このときが初めてかもしれません。
何度も何度も練習しても、あの子たちにはかなわない・・・
そう思いながら練習する日々でした。


中学、高校と進学するうちに、英語の楽しさも覚え、進路を変更したいと思うようになりました。


そこで、ピアノは趣味で続けようと決心。音大進学の夢は消えたのでした。


芸大出の先生には、ずっとお世話になり、ベートーベンのソナタや、
ショパンの幻想即興曲などを練習していたのを覚えています。


今では、その先生は亡くなられましたが、ピアノの音を作り出す基本を、
みっちりと叩き込んでいただいた、先生でした。


大学受験の頃、少しお休みはしましたが、社会人になってもピアノは続けています。
やはり、弾いていると楽しく、ある意味、私のストレス発散方法になっています。


大人になってからは、クラシックだけではなく、ポップスなどもたくさん弾いています。
ピアノを弾く時間は、独りだけの時間。心を無にして、曲に没頭できる時間です。


そして、母になり、今年で4年目。


娘がピアノを習い始めました。


幼稚園に出入りしている先生で、週に1回、30分のレッスンです。
4歳の娘は、今のところ張り切っていますが、今後どうなることか・・・。


このまま順調に練習を重ねて行って、10歳くらいになる頃、
発表会で連弾ができたら、というのが私の夢。


曲は、フォーレの「ドリーより・子守唄」がいいかな。
ブラームスの「ハンガリー舞曲」がいいかな・・・。


どうか私のささやかな夢が、実現しますように。



エピソード3:アンサンブルの楽しみ。


ピアノというのは実に孤独な楽器です。
他の楽器と比べても、一人で演奏する機会が圧倒的に多いです。


ヴァイオリンならピアノの伴奏が付く曲や、弦楽四重奏などのアンサンブル、
オーケストラなど、複数のコラボレーションで演奏する曲が大半ですが、
ピアノはソロの曲がとても多く、ソロを演奏するならば
自宅に何時間もこもって一人で練習して、
そして舞台の上でも一人っきりで演奏しなければなりません。


それでも芸術家肌の人なら、その孤独を自ら楽しんでピアノを続けていくでしょう。
しかしそういう性格ではないタイプの人もいます。


私もその一人で、あまりにずっと一人でいると気が狂ってくるくらい寂しくなるのです。
私のような、人間好きなタイプの人も多いでしょう。


ではそういう人はピアノには向いていないのか?


答えはNOです。


たしかにピアノの曲は、ソロの曲が多いですし、オーケストラと一緒に演奏する協奏曲でも、
基本的にはオーケストラは伴奏で、結局はソロで弾いているのと変わりません。


しかし、アンサンブルの曲なら、すべての人が対等で、練習にも綿密な話し合いがあり、
時には白熱した議論を交わすことも少なくありません。


アンサンブルの曲と言っても、2人で演奏するものから、4?5人のもの、
あるいはもっと大勢の、オーケストラの中に入って演奏するようなものもあります。


有名なオルフの「カルミナ・ブラーナ」ではオーケストラや合唱の中に、
なんとピアノが2台、そしてチェレスタ(鉄琴のような音が出る鍵盤楽器)が一台。


鍵盤奏者が3人必要なのです。


その中で、アンサンブルを初めてやってみたい!という方はまず、
ピアノ以外の楽器、例えばヴァイオリンやクラリネット、トランペットを
演奏する仲間を見つけて、二人で演奏してみることをお勧めします。


ピアノソロと違って、練習中もつねに人とかかわっていられるので、
寂しがりだけどピアノをやりたい!っていう人にはうってつけです。


それに、自分ともう一人仲間が居ればいいから、
人数が多いアンサンブルの曲と比べて気軽に演奏できます。
曲も古今東西、大小難易さまざまです。


例えばヴァイオリンとピアノなら、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタがあります。
第5番はあまりにも有名な「春」です。


もっと小規模な曲がよければ、エルガーの「愛の挨拶」などいかがでしょうか?


また、管楽器とピアノ、という編成でも、すばらしい曲がたくさんあります。
フルートならバッハやプーランクのソナタなどがお勧めですし、
サックスなら近現代の面白い曲がたくさんあります。


変わったところでは、ヒンデミットの「チューバとピアノのためのソナタ」なども面白いでしょう。


どうですか?
寂しがりやのピアノ弾きさん、是非仲間を見つけてアンサンブルしてみませんか?



エピソード4:ブラウンのピアノ。


初めてピアノに触ったのは3歳のころだっただろうか。
初めて触った時の記憶はほとんどない。


しかし、ピアノを弾くということがいたって
普通の日常に組み込まれていたことは覚えている。


某音楽教室に通い始め、狭い家にピアノが置かれた。


うちにおかれたピアノは小さめのサイズで、決して鍵盤は軽くはなかったが
ブラウンの落ち着いた色で、家に馴染んだ。


音もグランドピアノほど響かなかったが、小さい家で弾くには十分だった。
何より、ブラウンという色が珍しくて自慢だった。


簡単なドレミから練習曲へ、上手くなるにつれ
どこかで聴いたことのあるようなクラシック音楽も弾くことができるようになり、
元々音楽が好きだった私はピアノにはまっていった。


運指を無視・・・


ただ、自由に弾きたいという気持ちが強すぎて、楽譜の運指通りに弾かないのが難点だった。


幼いころはきちんと先生の言うことを聴いて、運指も修正していたので、
どんどんレベルアップし、たくさん曲のバリエーションも増えていった。


しかし、歳をとるにつれ自我がより強くなり、
「なんで、好きな曲を弾くのに指の番号まもらないといけないんだろう」
と思い始め、レベルアップのペースが落ち始めた。


と同時に、地域のバレーボールチームに入り、興味がそちらにうつり、
ピアノも教室のある日の近くにならないと練習しなくなり、
なんとなく疎遠になっていった。


小学校を卒業し、中学校に進学すると、
たくさんの新しい環境と部活動のほうが輝いて見えた。
そのため、音楽教室をやめてしまった。


ピアノはインテリアと化してしまっていた。


でも、そんなピアノを毎年母は欠かさず調律のおじさんに見てもらっていた。
必ず言われるのは、、、


「いいピアノですね」


この言葉を聞くたびに、少し胸が痛んだ。


ある時、私は友達関係で悩んだ時があった。学校にどうしてもいけなくて、
何もすることのない家でふとインテリアと化したピアノが目に入った。


椅子に座り、ふたをあけ、鍵盤をピンと鳴らす。


もやもやしていたものが一つ抜け出したような不思議な感覚になった。


とりあえず家にあった楽譜を探し、
簡単なものを昔の記憶を手繰り寄せ、弾いてみた。


決して上手とは言えないが、ただ、音が心地よかった。
その日は無我夢中でいろんな曲を練習し、たくさん弾いた。


それからというもの、私は何か挫折しそうなとき、
どうしようもなく気持ちが晴れないとき、
道に迷ったとき、ピアノを弾くようになった。


決して上手ではないのは変わらなかったが、とにかく夢中になれた。


音がただただ気持ちよかった。


今、社会人になって、家に帰るのも遅くなり練習しようにもする時間が無くなって
ピアノを必要としている人に譲ることになった。


いざ譲るとなった時に、少し寂しい気持ちにはなったが、
試し弾きで楽しそうに弾くその人の姿を見て
きっとこのピアノはまたこれからたくさんの思い出を作る
お手伝いをしてくれるんだなと思ったらすっと気持ちが晴れた。


私の大事な時に寄り添ってくれたブラウンのピアノ。


今も心地よい音を奏でているだろう。


そうあってほしい。



>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る