ピアノにまつわる基本知識

ピアノの歴史

ピアノは、楽器の演奏家じゃなくても、
誰もが知っていると言っていいほど、楽器の中でも最も知名度が高い楽器です。


学校などでは、有名な作曲家などは習いますが、
楽器の歴史まで習いませんよね。


では、みなさんはピアノがいつごろからあるのかを知っていますか?


ピアノはもともとチェンバロだった?

ピアノの歴史は意外と古く、1709年頃に
「バルトロメオ・クリストフォリ」というilm10_ch03001-s.jpg
イタリアのチェンバロ製作家によって生まれました。


この1709年当時というのは、
お金もちの貴族たちが自分のために楽器を製作させるのが主流でした。


この「バルトロメオ・クリストフォリ」という人は、
フィレンツェのメディチ家に仕えていて、このメディチ家の王子が
クリストフォリにチェンバロの改良をさせたことが始まりでした。


なぜ、チェンバロの改良をさせたのかというと、
チェンバロは音の強弱がつかないという大きな弱点
あったからです。


このため、クリストフォリが改良したのが、
ハンマーアクションを加えることにより可能となった、
「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味の、
「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」です。

この長ーい名称はだんだんと略されていき、
現在と「ピアノ」と呼ばれるようになりました。


こうしてクリストフォリによって生まれた
「クラヴィ チェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」は、
その後ゴットフリート・ジルバーマンというドイツのオルガン製作家や、
ドイツのヨハン・アンドレアス・シュタインなどに受け継がれ、改良を重ねてきました。


この頃、ピアノはハンマーフリューゲルとも呼ばれていて、
5オクターブから5オクターブ半の音域でした。


さまざまな発明を経て、ピアノの音域も広がった

その後、フランス革命以降
はじめてピアノが貴族のものから一般大衆化しだし、
ホールでの演奏に対応する音量と音域が求められるようになりました。


フランスの「ピエール・エラール」により、
素早い連打が可能なグランドアクションが発明され、
「ハープ」がフェルト製のハンマーを発明した。


ショパンやリストの時代には、音域は82鍵にまで拡大していましたが、
この拡大された音域を縦横無尽に活用した
最初の作曲家は「リスト」だったそうです。


いいですねーっ私リスト大好きです!
難しいですけど。w



19世紀頃になり、ようやく音域やアクションも改良され高性能になり、
フレームに鉄骨が使用されるなどしました。


そして、この頃アップライトピアノが誕生しています。


その後、ヨーロッパピアノメーカーなどでも改良が重ねられ、
第一次世界大戦後には88鍵が標準音域となっていました。


日本では、1900年(明治33年)にヤマハがはじめて国産のピアノを製造し、
1928年にカワイグランドピアノ第1号が完成しています。




<<前の記事「私の友人が体験した、「ピアノ引越し・クリーニング・調律」レポート!」へ
                         >>次の記事「ピアノの構造・名称」へ


●関連記事
ピアノの鍵盤がなぜ88鍵なのか?
ピアノを弾くことで得られる効果
大人でも子供でも、ピアノを習うなら音楽教室?個人宅?メリット&デメリット






>>【ピアノ買取の相場価格はいくら?】中古ピアノ査定額を上げるポイントも解説 トップページへ戻る